税理士報酬 > 税理士に関する用語集 > 起業支援の特徴

起業支援の特徴


起業するなら税務サポートを受けるのが大切

起業すると本来の業務の他に、帳簿を毎日つけたり職員への給与の計算や税に関する手続きや書類の作成、決算などのように様々な税務業務が必要になってしまうものです。

誰でも自分の会社を起こしたばかりだと、本来の業務に力を入れがちになりますし売上の拡大や社員教育を優先して考えてしまうものです。
間違った事ではありませんが、税務をおろそかにしていると後々大変な事にもなりかねないので対策をとる事が重要です。

そこで対策としてお勧めなのが税理士へ起業支援のサポートをしてもらう事です。
とくに会計業務や税務に関する仕事はプロである税理士に依頼する方が、スムーズにいきますし失敗の心配もありません。

税理士に支援してもらうと税務業務の仕組みを作る所から手伝ってくれますし、節税にあたってどうしたら良いのかをアドバイスしてもらう事も可能です。

起業したてでも、会計業務や税務業務は必須になってくるので早めにサポートしてくれる相手を見つけておく事が肝心です。
税理士に支援してもらう事で、自分は本来の業務に専念できるので売上の拡大にも繋がります。

近年はシニア起業が増加している

近年ではシニア世代の方が新しく起業するのが増加している傾向にあります。
シニアには正確な定義は存在しないのですが、定められたものとして一般的には55歳以上の人の事をシニアと呼びます。

日本政策金融公庫が調査したデータによれば新規起業をした方達の中で、年齢が50歳以上のシニア世代の割合が25パーセントで全体のおよそ四分の一程いる事が分かりました。

やはり現代では高齢者が増えている事は大きく関係していると言えます。
シニア世代の開業自体は悪い事ではありませんが、起業を行うためにはやはり支援をしてもらうのが大切という事です。

シニア世代の方の場合、全ての人がそうとは言いませんが今までの経験などにより支援無しでも何とかなるだろう!と考える人も少なくはありません。
起業支援なしで新しく立ち上げようとしても、後々様々な問題が出てくるのは目に見えているので税理士などの起業支援の相談をするのが得策と言えます。

起業支援についてもっと知りたい方はこちらのサイトへ

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の報酬について

税理士に関する用語集