税理士報酬 > 税理士の報酬について > 立会の税理士報酬

立会の税理士報酬


突然訪れることになる税務調査、経験がない方はどんな質問をされるのだろう?なんて返事をしたらいいのだろう?税務調査の追徴税額はいくらになるのだろう?など不安もたくさんありますよね。
そんな企業や個人事業主の為に、税理士が税務調査への立会も行っています。
今回は立会の場合の税理士報酬について、簡単にご紹介しましょう。

立会はアフターサービスではない

通常の契約では、基本的に税務調査への立会は含まれていません。
その為、調査が入ることになった際に税理士に依頼し、追加で調査にかかった日数分だけの税理士報酬を別途支払う必要になります。

税務調査について

税務調査は税務署の職員が訪れ、不明瞭な取引についての質問など税法を根拠に取り調べることです。
調査は通常1~2日で終了します。
税務署の職員は当然税務知識が豊富で、それらを元に質問したり要求をしてきますが、税務知識のあまりない方ですと、言われていることを誤解して受け取ってしまい上手く説明が出来なかったりする場合もありますよね。
税理士が立ち合い、回答のサポートをすることで、調査を無事終わらせることが出来ます。
税務署職員も税法について全てを知っているわけではない為、時に規定にない間違ったことを言う場合もあり、そんな時には税理士が顧客に代わり反論、抗議をします。
また、調査に入られる前に顧客の事業概況の確認や調査シミュレーション、必要になるであろう書類の洗い出しも行います。
それらの書類について、税務調査で見られても問題にならないような書類整備方法もアドバイスしています。

調査立会の税理士報酬の相場

事務所により異なりますのであくまで参考価格になりますが、大体相場は1日5~6万円、事前の準備等もお願いして2日半ほど税理士の力を借りる場合は大体15~18万円ほどになるでしょう。
時給でみると大体1時間1万円程度かかることになります。
事務所によっては事前の準備から立会、事後の折衝全部込みで10万円強で引き受けているところもあります。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の報酬について

税理士に関する用語集