税理士報酬 > 税理士の報酬について > 税理士 報酬 格安のとこ

税理士 報酬 格安のとこ


確定申告や相続税の問題、税金の申告・不服申し立てなどの際に、法人・個人を問わず税金の専門家である税理士の力を借りることになりますよね。
確定申告などはフリーランスの方なら個人で行っている場合も多いですが、企業になると法人税や事業税、住民税など様々な税金の計算をせねばならず、また普段の業務もありますのでとても各企業内で申告書類の作成をすることは難しいものです。
また親族の誰かが亡くなった場合、遺産相続をすることになり発生する相続税の問題は、税金についての知識のない方が個人で行うのは非常に大変です。
個人にしろ法人にしろ、多くの方が税理士を利用しており、その為税理士事務所にそこかしこに多数あります。
税理士への報酬はそれなりの金額になりますので、出来れば数ある税理士事務所の中から安くお願い出来るところを探したいというのが本音でしょう。
ここでは税理士の報酬の値下げ方法や格安の事務所の注意点についてご紹介しましょう。

値下げ方法について

税理士報酬を安くする方法は引越し業者を選ぶ際などと変わりありません。
税理士事務所をネットや電話帳などで探し、見積依頼をし、その金額を他の税理士事務所にも伝え、そこでもまた見積依頼をしましょう。
これを繰り返すことで、どこよりも安く受けてくれる税理士が見つかるでしょう。

格安の事務所の注意点

税理士の仕事はサービス業です。
多くのサービス業がそうであるように、税理士も報酬が少なければその分の働きしかしません。
税法に違反するような手抜きをする、申告を省くという訳ではありません。
税理士の仕事には、収支を税務署に申告するだけでなく、税法とお客様の経済状況、土地、財産などを調べ上げ、納める税金をなるべく安くすることも重要な仕事です。
このサービスには、調べ上げる時間と労力がかかります。
税理士報酬とはそのまま、税理士の人件費なのです。
その為、格安で顧客を引き受ける事務所は、時間を割いてサービス満点にすると採算が取れませんから、節税対策を十分にすることなく利益が出れば出た分だけ、赤字になればなった分だけの申告をすることになります。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の報酬について

税理士に関する用語集