税理士報酬 > 税理士の報酬について > 税理士報酬を比較する場合の注意点

税理士報酬を比較する場合の注意点


今回は税理士報酬を比較する場合の注意点について、簡単にご説明しましょう。

税理士報酬の相場

税理士の得る報酬の種類は税務顧問料、会計顧問料、決算料報酬、相続税や所得税の税務代理報酬、調査立会料報酬などがあり、税理士の主な収入は顧問料になります。
どれだけのサービスを依頼したのか、会社の規模、収入と支出、財産、相続税の税務処理代行を依頼した場合は、相続額がどの程度になるのかでも大きく違いがあります。
また以前は税理士の報酬に規定がありましたが、平成14年に廃止されて以降、事務所によっても金額は大きく異なっています。
しかし、かつての規定も最高限度額しか定められておらず、ほとんどの事務所ではかつての規定の最高限度額よりも安い値段で設定されていますので、以前よりも高くなっているということはありません。
大雑把な税理士の報酬は、月額の顧問料が2~5万円、決算報酬で18~30万円程度と言われています。
決算報酬は月額顧問料の4~6ヶ月分が多くなっています。

年間でいくらかかるのかを比較することが重要

税理士事務所を探す場合は見積もりを複数事務所から取り寄せ、比較をして「○○で見積もり依頼した場合、もっと安かった」など、値下げ交渉をしてみましょう。
事務所によっては決算報酬が全くかからないところもありますので、年間でいくらかかるのかを比較することが重要です。
見積もりは仕事量、難易度に合わせた細かい見積もりを提出してくれ、更には契約書作成も出してくれる事務所が良いでしょう。
そして、税理士へ支払っている報酬に見合うサービスを受けられているか感じられるかも重要です。
高度で複雑なサービスを要求していない、要求しても税理士が対応出来ないのであれば、別の事務所に変えることも検討してみた方が良いでしょう。
また、受けているサービスと比べて報酬が高いと感じるようならば、報酬の値下げを交渉してみるのも選択肢の一つです。
様々な税理士事務所ではホームページで報酬額を表示していますので、インターネットで現在支払っている報酬と比較してみると良いでしょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の報酬について

税理士に関する用語集