税理士報酬 > 税理士に関する用語集 > 相続税対策は出来るだけ早く!

相続税対策は出来るだけ早く!


相続税対策で重要な事

遺産は非常に大きい問題として取り上げられますが、中でも気になるのは相続税です。
相続税は相続開始日の次の日から十ヶ月以内に申告を行い、現金か預金で納めないといけない事に決められています。

規則として相続税は現金しか受け付けてくれませんので、相続税を納税するために遺産である土地や建物を手放す事にしたという話もよくあります。
だから、誰しもが相続税をなるべく少なく抑えたいと考える訳です。

相続税を節税させるための対策としては、様々な方法がありますがどれも知識がないと困難なものです。
そのため、その道のプロである税理士さんへ相続税対策をサポートしてもらう事をお勧めします。

法律上でも控除が設けられているので、自分の遺産の種類を把握して上手く組み合わせる事が出来ればかなり減らす事は出来ます。

土地や建物は基本的に現金に換えようとしても、すぐに換えれるものではありません。
そのため、期限内に収める事が出来るようにするためにも相続税対策はなるべく早くから準備しておかないといけません。

相続税対策!生命保険と自己株式を活用しよう

相続税対策は色々と頑張っていても上手く節税出来ずに大きな税金がかかってくるケースは十分に考えられます。
その際、地主の場合に限りますが納税資金の目的として大口の生命保険に入るという対策方法もあります。

そうしておく事によって相続が発生してもすぐに現金を準備する事が可能となりますし、掛け金を支払う事によって相続財産を減らす事にも繋がるという訳です。

また、自分で会社経営をしている人で多い対策法は、全ての財産を会社につぎ込む方法でしょう。
商法の改正によって自分の会社にある一定の株を買わせる事が可能となっており、そのお金で遺族が納税を行えるようになっているのです。
そのため、自分で会社経営をしている人は生きている内に会社にお金をつぎ込むのも対策になるので考えておきましょう。

相続税対策に関する情報をもっと知りたい方はこちら

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の報酬について

税理士に関する用語集