税理士報酬 > 税理士の報酬について > 白色申告の税理士報酬

白色申告の税理士報酬


税理士が提供しているサービスには、税務相談や税務申告書類の代行、記帳代行など様々なサービスがありますが、確定申告の代行サービスもあります。
そしてその確定申告には、「白色申告」と「青色申告」の2種類があります。
今回はその2つの違いと、白色申告を依頼した場合の税理士報酬について、簡単にご紹介しましょう。

確定申告とは?

所得税は、毎年1月から12月までに得た全ての所得を計算し、税務局に申告・納税しなければなりません。
この手続きを「確定申告」と言います。
確定申告では納税額を確定させますが、「源泉徴収」という形であらかじめ税金を徴収されている場合や、「予定納税」という形で前払いしている場合もあります。
確定申告は税金の総額を計算し、払った税金との精算の手続きという意味合いもあるのです。
この確定申告を毎年2月16日~3月15日までの期間中に申告する必要があります。

白色申告と青色申告の違い

個人事業主で20万円以上の事業収入がある場合、確定申告を行わなければなりません。
「白色」と「青色」の2種類があり、青色は更に特別控除の金額が10万円と65万円の2つに分けられています。
個人事業主の受け取る報酬の中には、仕事をするのに必要な物品を購入したり、事務所の家賃、交通費などの経費も含まれていますよね。
受け取った報酬全てを収益として申告してしまうと、無駄な税金を支払っていることになります。
その為、所得税法では経費を報酬から差し引いて申告できるとされているのです。
そして申告の内容を2種類から選べるようになっており、経費をおおまかに計算するだけで申告できる「白色申告」と、取引を細かく記録しなければならないが控除額が多くなる「青色申告」の2通りを定めています。
これは一人でほそぼそと行っている会社から、人を雇って仕事を請け負う会社まで様々な事業主すべてに同一の厳しい決まりで申告させるのは不公平になってしまう為です。

白色申告の税理士報酬の相場

税理士に白色申告の申告書作成を依頼する場合の報酬は、事務所によりまた顧客の経理処理の難易度などにより金額が変わりますので、あくまで参考相場とお考えください。
記帳をしていない場合の白色申告の税理士報酬は5万円程度、領収書などを集計済みの場合は3万円程度になります。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の報酬について

税理士に関する用語集