税理士報酬 > 税理士に関する用語集 > 源泉徴収

源泉徴収


源泉徴収とは?

源泉徴収というと従業員の方などは、ごく一般的なものとなっていますが、必ずしも従業員の方だけが対象となるということではありません。

例えば講演会などを行った場合に講師の方に講演料を支払いますが、こういた際にも講演料から源泉徴収したりします。

源泉徴収を行った場合には、講演料を支払った者が、年末にまとめて税金として納めることになります。

税理士や弁護士への報酬なども同じように源泉徴収を行うことになりますから、忘れないように注意しましょう。

預かった税金は、報酬の支払いを行った月の翌月の10日までに納税することになります。

源泉徴収を行った際には、現前徴収票が発行されますから、もらった方は、これを元に確定申告を行い税額を確定して足りない分は納税し、多かった分は還付してもらうことになります。

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書

源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書に関しては、従業員が10名以下の事業所が対象となってくるものとなり、通常は給与などを支払った該当の月の翌月の10日までに納税を行うものとなっていますが、小規模事業者の場合には、この納付を年に2回、7月10日と翌年の1月10日までに納付すればよいということがあります。

これは、所轄の税務署長に承認を受けることが必要となってきますが、この承認を受けるために必要となってくるのが源泉所得税の納期の特例の承認に関する申請書になってきます。

提出して承認を得ることができれば、年に2回の納税を行うだけになり、納税までの期間は、給与から天引きされた税金をそのまま預かることになります。

預かるといってもその運用に関しては、経営者の自由ということになっていますから、定められた期日までに納税を行えばその間は自由に運用することができ、資金繰里も楽になるという利点があります。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の報酬について

税理士に関する用語集