税理士報酬 > 税理士に関する用語集 > 決算・決算書の種類

決算・決算書の種類


決算・決算書の種類

決算というと企業で申告を行う時のことと勘違いをしている人も多いのではないかと思いますが、必ずも決算と申告は連動していません。

決算は会社の事業年度などによって、事業年度の終わりに一連の事業の収支を明確にするためのものと考えると良いのかもしれません。

会社によって事業年度は自由に決めることができますから決算の時期なども自由ということになってきますが、申告に関しては1年ごとに行うことになっているために、何度も決算を行うことも面倒なことになってしまいますから、多くの場合では、1年に一度決算を行うことになります。

というと良く耳にする四半期決算というのはどういうことになるのかということですが、これは、あくまでも社内や外部に対して行っている決算となり、あくまでも報告といった形となっていることが多くなっています。

もちろん、企業で四半期で事業年度を区切っているということであれば、申告も必要となってきたりしますが、実際には、四半期ごとに申告を行うことはとても大変なことということもありますから、多くの場合で申告を伴わない報告飲みの決算となっていることが多いようです。

決算といっても必ずしも申告が必要となっているということではない場合もあるということになります。

決算に必要な書類は

決算というと決算書を頭に浮かべる人が多いのではないかと思いますが、決算書はどのような書類となってくるのでしょうか。

申告の際に必要となってくる決算書は、日本の場合には、会社方で作成することが義務付けられている書類ということになってきます。

決算書に必要となってくるのが、貸借対照表、損益計算書、家具主資本等変動計算書、個別注記表となり、これらを一式揃えて決算書となってきます。

決算書は株主総会で事業報告を行い株主から書類の承認を受けることができ、初めて決算が成立するということになってきます。

上場している企業に関してはさらに有価証券報告書も作成することになりますが、上場などしていない中小企業の場合には、特に作成も義務もありませんから、通常は貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書、個別注記表があれば決算書として成立することになります。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の報酬について

税理士に関する用語集