税理士報酬 > 税理士に関する用語集 > 損益計算書

損益計算書


損益計算書とは

損益計算書は、企業が一会計期間にどれだけの収益を上げることができたのかを表している報告書となっています。

損益計算書には、会計期間内に発生した全部の収益と収益を生み出すために必要となった費用が記載されることになりますから、収益から費用を差し引くことで、利益を出すことができます。

企業が利益を出すためには、物を販売したり、サービスを提供することで収益を上げることになりますが、この収益は、その全部が利益となってくるわけではありません。

収益を得るためには、社員の給料、光熱費、家賃など様々な経費と呼ばれているものが発生してきますから、収益からこれらの費用を引くことで実際の利益を知ることができるということになります。

いくら収益が上がっていても費用が多くかかっているような場合には、利益は少ないものとなっているということもありますし、その逆に費用をあまりかけておらず大きな利益を出しているということもあります。

損益計算書を見ることでそういったことを知ることができます。

損益計算書はどうやって作る

損益計算書は、その企業の一会計期間の利益を知ることができるものとなっていますが、これを作成する為には、日々の経理をまとめ試算表を作成してから初めて出来上がるものとなってきます。

損益計算書は、企業会計の上でとても重要なものとなってきていますが、損益計算書をもう少し簡略化したものもあり、そちらの方は報告式と呼ばれています。

報告書損益計算書になると収益と費用を会社の主要な活動をそれぞれに区分して表すことができるので細かく利益などを見ることができます。

企業会計では、原則的に報告式を採用するということになっていますから、企業が公表する場合には、報告式損益計算書を公表するということになってきます。

損益計算書に関しては、企業がどのような事業でどのくらいの利益を出すことができているのかがわかるものとなってきますから、とても重要なものでしょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の報酬について

税理士に関する用語集