税理士報酬 > 税理士の報酬について > フリーランスの税理士報酬

フリーランスの税理士報酬


税金に関する申告などは様々あり、税務知識が乏しいと個人で全てに対応することは非常に難しいでしょう。
一人で細々と生計を立てている個人経営や自由業の方なら、自力で確定申告を行うことは可能ではありますが、ある程度以上の規模になってくると時間もかかり日々の業務がおろそかになってしまうこともあります。
そんな企業や個人事業主の為に、税理士が様々な業務を代行しています。
今回は税理士の業務と、それらの報酬について簡単にご紹介しましょう。

税理士の主な業務

税理士の業務には主に確定申告や給与計算、記帳代行などの申告書類の作成を代行したり、税務に関するアドバイスや節税対策を提案する税務相談などがあります。
個人向けで多いのは相続税の申告書類の作成なども行っています。
顧問税理士として契約して月額の顧問料を報酬として受け取ったり、個別に依頼があった場合はその都度対応して報酬を受け取っています。
その他、税法の専門家として税務調査への立会などもあります。

税理士報酬の相場

税理士事務所により、そして案件の難易度や企業の規模により税理士報酬は大きく異なります。
あくまで参考価格とお考えください。
例えば個人事業主の確定申告の場合、単純な白色申告の場合は3~5万円程度、青色申告の場合は5~7万円程度が相場です。
企業の決算書作成代行の場合は、年間売上により変わり、年間売上3,000万円以下の企業の場合で18万円程度、7,000万円以下の企業で25万円程度、1億円以下の企業で30万円程度となっています。
給与計算の代行なら社員1名当たりの金額で税理士報酬が算出されます。
月額の税理士報酬は、大体社員1名当たり1,000~2,000円程度になります。
税務調査の立会にかかる税理士報酬は1日5~6万円、事前の準備等もお願いして2日半ほどかかるのが一般的で、大体一度の調査立会で15~18万円ほどになるでしょう。

フリーランスの税理士には値下げ交渉をしてみよう

税理士報酬には現在は規定がなく自由化されており、特に起業したばかりのフリーランスなら値下げ交渉に応じてくれることも多いでしょう。
ただし、実績の少ない税理士に複雑な相続に関する依頼をするのは、損をする場合もありますのでよく検討しましょう。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の報酬について

税理士に関する用語集