税理士報酬 > 税理士に関する用語集 > バランスシート・貸借対照表

バランスシート・貸借対照表


バランスシート・貸借対照表とは

貸借対照表は企業の資本の調達先、運用形体を表している表のことになってきますから、その企業がどのような状態にあるのか確認する為にとても重要なものとなってきます。

貸借対照表は、左右に分かれており、左側にくるのが資本の運用形態を表しているものとなり、右側には、資本の調達先が表されています。

左右に分かれていますが、必ず両方のバランスが取れた状態となって織、そのことから貸借対照表はバランスシートとも呼ばれています。

貸借対照表では、資産の部と負債の部、純資産とに大きく分類することができますが、資産の部では、流動資産、固定資産、繰延資産といったものが表さ、基本的に、現金化しやすい順で並べられることになります。

負債の部では、固定負債、流動負債が表され、純資産では、株主資本、資本金、資本余剰金、利益余剰金、準備金、自己資本、少数株主持ち分といったものが表されることになります。

貸借対照表の見方

貸借対照表を読み解くためには、まずはそれぞれの項目がどのようなものを表しているのかをしっかりと理解することが必要となってきます。

その企業がどのくらいの資金を持っていて、その資金をどのように集めたのか、現在どのような形で持っているのかを知ることができますから、よく確認してみるとよいでしょう。

ごく簡単に見るとなるとまずは、資本の部分を確認するとよいでしょう。

資本は、投資家から集めたお金とこれまでの会社の利益の総計となってきますが、資本を総資本で割ることで、自己資本がどのくらいの割合となっているのかがわかります。

自己資本の割合が高ければそれだけその企業には余裕があるという見方もでき、健全な企業であるという判断をすることもできますから、まずは、この部分に注目してみるとよいでしょう。

また、気になるであろう有利子負債ですが、この部分に関しては、多少多い分には、それほど気にすることもありません。

ただし、金利が上昇してきた場合には、有利子負債の多い会社の場合には、負担が多くなる可能性もりますから、チェックをしておく必要はある部分となります。

〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の報酬について

税理士に関する用語集