〜 税理士選びに参考になるサイトまとめ 〜

税理士セレクション大阪版

税理士セレクション大阪版

おすすめのポイント

  • 50人限定で紹介されている
  • インタビュー内容で人柄がわかる
  • 血液型などからも選べる

税理士の選び方

おすすめのポイント

  • 確認すべきポイントがわかる
  • 失敗した事例もあげられている
  • 税理士の方も参考にするような内容

日本税理士会連合会

おすすめのポイント

  • 税理士について詳しく解説
  • 税金に関するお役立ち情報もあり
  • 動画で税理士に関する情報を配信

税理士の報酬を安くしたい方へ

確定申告や相続税など、税金の申告・不服申し立てなどの際には法人・個人を問わず税金の専門家である税理士の力を借りることになります。 確定申告などは自身で行っている自営業の方も多いとは思いますが、あまり詳しくない、申告内容が複雑だったり企業が大きかったりする場合は、税理士に頼むのが一番確実かつ手っ取り早い方法です。 しかし、専門家に代行してもらっている以上、その税理士への報酬が発生しますよね。 税理士への報酬はそれなりの金額になり、個人であろうと法人であろうと、出来れば安く税理士に代行をお願いしたいというのが本音でしょう。 ここでは税理士の報酬をいかに安くするか、裏ワザをお教えしましょう。

見積をたくさん入手しよう

税理士報酬を安くする方法は簡単です。 まず税理士事務所をネットや電話帳などで探し、見積依頼をしましょう。 そしてその金額を他の税理士事務所にも伝え、そこでも見積依頼をしましょう。 これを数件繰り返すと、どこよりも安く受けてくれる税理士が見つかるでしょう。 税理士業界は供給過剰の状態です。 その為、採算が合わなかろうが、顧客を得る為にどこまでも値下げして引き受けてくれる事務所が必ず見つかるのです。

注意点:安かろう悪かろう

安く引き受けてくれる税理士事務所はきっと見つかりますが、その分手を抜かれてサービスが低下します。 この「手を抜かれる」というのは、「適当にめちゃくちゃをやる」という訳ではありません。 税理士の仕事には、収支を税務署に申告するだけではありません。 それだけならば、申告の仕方さえ学べば誰でも行えますよね。 税理士の仕事は「合法的に無駄な税金を払わさない」ということを第一理念として行っています。 税金の専門知識を持つ専門家たちが、顧客の支払う税金をなるべく少なく済むように、あの手この手を考え、調べ上げ、申告のお手伝いをしているのです。 なるべくサービスをよくする為には、その分の時間がかかります。 税理士報酬とはそのまま、税理士の人件費なのです。 その為、採算が取れないほど安く引き受けた顧客には、その分時間を割くことが出来ませんからサービスが悪くなり、節税対策をすることなく利益が出れば出ただけ、赤字になればなっただけの申告をすることになります。

関連サイト:税理士 神戸を選びたい方へ

税理士の報酬について

税理士に関する用語集